気が向いたときに、気の向くままのペースで更新していきます。


by akikon153
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

harajuku

バイト後、原宿にぶらっと出てみる。
買い物客っていうか、たまるためにきてる高校生、ギャルがわらわらと・・・

久しぶりに食べたじゃんがらラーメンはおいしかったし、ポップな鞄の店も結構楽しめたけど(お金なくて買えなかったけど)、あの暑い中、ピンク・水色・黄色・赤・黒…の、まばゆいばかりの色づかいと雑踏にもまれて一時間くらいたったら気分悪くなってきた。
もう「原宿」って年でもないかもね・・・

それにしても、駅は外人さん多かった。
やっぱりmeiji-jingu shrineは人気なのかね。
[PR]
# by akikon153 | 2004-07-04 19:40 | つれづれ

フェルメール

a0032405_215459.jpg7月3日(土)

智子と、「栄光のオランダ・フランドル絵画展」@東京都美術館に行ってきた。
目玉はフェルメールの「画家のアトリエ」。
これだけ、最後に特別扱いな感じで飾ってあった。だって、ここだけ順番待ち、2列にお並びくださいとか言われるんだもん・・・。でも、特別扱いってことはつまり解説パネルがあったりして、結構深く見れて良かった。「静謐」って言葉で表されてたけど、フェルメールの世界って、ほんとそのとおりだと思った。

お昼はたまたま入ったSea Dragonというお店。
中華料理?香港料理?のお店で、冷やし白ごまタンタン麺を食べたら、かなりの美味。セットでついてきたおこわもおいしかった。デザートの杏仁豆腐も暑い日にはさっぱりしててgoodでした。
二人とも暑さに負けて帽子を購入後、また例によってドトールで4時間くらい粘る。前回会ってから1ヶ月くらいしかたってないのにおしゃべりは尽きないね!
[PR]
# by akikon153 | 2004-07-03 21:54 | ほん・えいが

高尾山

7月2日(金)

ラボで高尾山に遠足に行って来ました。目的は、1000万ドルの夜景が見えるというビアマウント。実は遠そうに聞こえるけど、駒場から京王線・明大前乗換えで1時間かからないくらいなんです。しかも片道350円!高尾山の中腹と麓を結ぶケーブルカー片道の料金(470円)より安かった!

今日はまだ石浦研実習が残っていたため、S川さんとTAの3人は4時半までは学校に残らなければなりませんでした。そこで、参加者のうち、Kのさん、O間さん、T辺さん、O山さん、N津さん、O野さん、F井さん、U尾くんと私の9人は早めの2時半に出て、高尾山の頂上を制覇してからみんなとビアマウントで合流しようという運びになりました。

9人のうち女性7人。
電車の中は、事件が3つくらい起きて、リーダーKさんと危うくはぐれそうになりました。その度に車内の人がみんなこっちを見るくらい騒いでしまったのは、やはり女の子が多かったからでしょう・・・久しぶりに女子校ノリで、行きの電車だけで十分楽しめました(笑)。
高尾山の麓に到着し、「森と水のコース」で頂上を目指すことにしました。途中でへばる人とか出てくるかと思いきや、みんな結構ハイペースでずんずん進みました。途中、川の中の石を足場にしなければならなかったり、木の根っこが張り出すぎてて人ひとり通るのがやっとという細い道があったり、決して楽なコースではありませんでした。最後の階段はまじきつかった!のに、90分コースのところ、80分くらいで頂上に辿り着いたのではないでしょうか。
土日どっちかは5㌔走っているというO間さんはやっぱり体力あったし、最初から最後までとはさすがに言わないけど、8割方はしゃべりつづけていたT辺さんも、彼女自身より、笑いつづけなければならないこっちの方が辛かった・・・。でも彼女は隣に置いとくと楽しいです。Kのさんは、この2時半出発組の言い出しっぺだけあって、常にリーダーとしてグループを引っ張っていってくれました。

a0032405_21254.jpg

そして19時、本番ビアマウント到着。男性3150円、女性2850円で飲み放題食べ放題です。食事の種類は多くなかったけど、それなりにおいしくて、お酒は進みまくり(笑)ビールが苦手な女の子はちょこっと不満そうだったけど、なんとかサワーでしのいでました。話も結構盛り上がり(先生がいなかったからかな?!)、よく食べ、よく飲み、良く運動し、笑った一日でした。ほんとに楽しかった。
なんだかんだで14人も参加する大イベントとなり、宴会部長のY川くん、まじご苦労様ですm(_ _)m これから毎年恒例になるといいですね♪
[PR]
# by akikon153 | 2004-07-03 21:26 | あつまり

二十歳のころ

Hトンに借りてるこの本。
ていうか、借りたの多分一年位前? 借りっぱでほんとごめんなさい。
最近、ようやく持ち歩いて読み始めたんです。

行きの電車で読んだ赤川次郎のところが面白かった。
赤川次郎は中学のときに好きで結構読んだけど、作者についてはほとんど何も知らなかった。
赤川さんは家庭の事情で大学に行かずに就職したらしい。勤めてからも小説は書きつづけていて、宴会や社内旅行など、仕事以外の職場の人との付き合いはどうしても好きになれなかったという。赤川さんの本には割と活発な女の子が出てくることが多いから、赤川さん自身も人と付き合うのが大好きな人なのかと思ってたけど、、、あと、幼少の頃にお父さんが家を出て行って、家で父親が果たすべき役割がわからなくて、初期の小説には「父親」はほとんど出てこないらしい。

また赤川次郎を読んでみようかな。
[PR]
# by akikon153 | 2004-07-01 12:41 | ほん・えいが

SKI JUMP PAIR

a0032405_122745.jpg昨夜は恒例、U野邸での上映会。
今回の目玉はスキー・ジャンプ・ラージヒル・ペアという、30分くらいのCG作品。会社員で環境デザインの仕事をしていたという真島理一郎さん(31)作。
今は「スキージャンプ・ペア実行委員会」の会長らしい。

フランス・ドイツ・チェコ・韓国など各国でもデジタルメディア賞みたいな賞を受賞しているらしいけど、あの実況の面白さは日本語が分かる人が観てこそ伝わるんじゃないかと思った。
それにしても、スキーのジャンプ、ビデオに撮って何度も何度も見直したんだろうなあ・・・だって動きがすっごいリアルだもん。「タイタニック」の下になる人の転がるスピードがとにかくすごかったな。あれだけで別の競技になりそう。
http://www.jump-pair.com/

もう一個は「TAMALA 2010」という作品。
TAMALAっていう美人ネコが主人公なんだけど、、、、
シュールっていうのか、なんなのか。世界観が良く分からずに終わってしまった。
あの抑揚のない声がなんともいえない。
[PR]
# by akikon153 | 2004-07-01 12:29 | あつまり

AD会

今日は朝からAD会。私の発表。雨が降っていたので学食でやった。
途中から、試験前だからか、雨だからか、学生が増えてきて
ちょっとゼミやる雰囲気じゃなくなってきたけど、
Hトンの「集中すれば関係ない」の一言でがんばった。
BBBは奥が深い。意外にまだ分かってないことが結構ありそうだ。
Tさんが眠そうだった。おつかれ。
[PR]
# by akikon153 | 2004-06-30 13:41 | しごと